積極的に参加し

 変化を楽しもう

2020年7月1日

会長挨拶

 福岡イブニングロータリークラブ
会長 馬本 誠也

 

 

 

 2020-2021年度の活動について

 

国際ロータリーテーマ

「ロータリーは機会の扉を開くRotary Opens the Opportunities

ホルガー・クナーク会長

 

地区のテーマ  

「新しいロータリーは機会の扉を開く」

古賀 英次ガバナー

 

当クラブのテーマ

「明るく、楽しく、前向きに」

馬本 誠也会長

 

新年度を迎えるに際して、一言ご挨拶申し上げます。資料として、「ロレンス文学の魅力」というエッセイを用意していますので、興味のある方は後でお読み下さい。

 ご周知のように、新型コロナウイルスは、連日の新聞テレビの報道を通して、日本のみならず全世界に猛威をふるっているのが伝えられています。医療面のみならず私たちの日常生活の総ての分野に甚大な影響を及ぼしています。その影響は、経済活動の低迷、人種差別、地球温暖化による異常気象、曲がり角に来ている自由・民主主義の在り方等々、私たちの想定を遙かに超えた深刻な事態に入っています。

20世紀最大の作家の一人であるD.H.ロレンスもまた、当時の時代状況に対して非常に厳しい危機意識を抱いていた作家でした。彼は「チャタレイ夫人の恋人」の冒頭で、そうした危機認識を「我々の時代は本質的に悲劇的な時代である」と述べています。文明の破局と「個」の喪失を予感した作家の鋭い洞察がこの作品には窺われます。私たちは、まさに文明の転換点、新しい時代の入り口に立たされていると言えます。

 国際ロータリーのホルガー・クナーク会長は国際ロータリーの2020-2021年度テーマとして、「ロータリーは機会の扉を開くRotary Opens Opportunities」と発表されています。これを受けて2700地区の古賀英次ガバナーは、「新しい」という言葉をそこに付け加えて、「新しいロータリーは機会の扉を開く」と定められています。このお二人の言葉は、今後、私たちの目指す方向として、「まだ我々が踏み出していない新しい世界を見据えて踏み出すこと」であることは、言うまでもありません。そこで、RI会長、地区ガバナーのテーマを基に当クラブのテーマとして次の言葉を用意しました — 「明るく、楽しく、前向きに」  私たちは、そのテーマを合言葉としてあらゆる活動に対して明るく、楽しく、積極的に取り組んでまいります。組織的な活動はもとより、個人レベルにおいてもロータリーの中核的価値観である「親睦、高潔性、多様性、奉仕、リーダーシップ」の各コンセプトを正しく身につけ、今後向かうであろう「新しい生活様式」の扉を開いて、「新しい存在様式」を確立すべく努力していく所存です。

福岡イブニングクラブのさらなる発展と充実に向けて、会員の皆さんの一層のご理解・ご支援」をこころよりお願いする次第です。

 

当クラブの会員は 「マイロータリー」への登録 をお願いします。


関連リンク

My ROTARY

D2700ガバナー事務所

ロータリーの友

福岡中央ロータリークラブ

福岡城西ロータリークラブ

  ロータリー文庫



サイト内リンク


例会情報

例会日程・Makeup情報


福岡イブニングロータリークラブ

〒810-8650  福岡市中央区地行浜2-2-3 ヒルトン福岡シーホーク4F 

    TEL: 092(844)7808 FAX: 092(844)7813

   mail : fukuoka-evening.rc(at)adagio.ocn.ne.jp